iPhoneを使うときに注意したいセキュリティ面

スマートフォンを使うとき、その便利さからさまざまな機能を一括して使う人が増えています。仕事のやりとりやプライベートの写真、連絡先やSNS、銀行口座に至るまでさまざまなタスクをすべて1つでこなしてくれるアイテムですから、持ち歩いて活用している方が多いことでしょう。しかしながらその反面、気になるのがセキュリティの問題。これまでばらばらになっていた情報が一気に一つにまとまるのですから、iPhone一つですべての個人情報が解除されてもおかしくないわけです。だからこそ、iPhoneのセキュリティには注意しておかなければなりません。

こういったセキュリティの話をすると、「でもロックをかけているし大丈夫でしょ」という人がいます。たしかに、iPhoneにはロック機能がありますし、指定のパスワードか指紋がなければ開けられない仕組みになっているのが当たり前です。しかしながらロックをしているだけでは十分なセキュリティ対策とはいえません。たとえば、ロック画面をスライドすると、今日の予定や通知が出てくることがあります。ここからでも個人情報を汲み取ることは十分に可能でしょう。

また、ロック画面を閉じた状態でもsiriに話しかけることはできますから、そこから情報を引き出すこともできるのです。だからこそ、前もって設定アプリでセキュリティ対策を取り、ロック画面からの検索や情報を取り込むことを制限しておく必要があります。ロックしておけば大丈夫というのでは、あなたのプライバシーを守り切ることはできないのです。